ゆき子ママのつぶやき

 

 

はじめまして。

私は、二人の女の子の母親です。マスコミで環境ホルモンにより精子の数が減り、不妊の原因になりつつあると知りました。「自分の子供が結婚して子供を望んだ時、環境ホルモンが原因でできなかったら悲しい。」と感じ、「今、何かしなくては!!」といてもたってもいられなくなりました。日本は、便利さと値段の安さを追求してきて、経済的に発展しました。しかし、便利のツケというものは必ず戻ってきます。その場その場でごまかしてきた生き方は、世の中も、心も、体も悪くしてきたと思います。だから、身近なことからひとつずつ、今までの生き方を変えてみようと思います。

私の仕事は、睡眠環境アドバイザーとして、睡眠と寝具についての相談にのっています。人と地球にやさしい天然素材の寝具で、日干し、水洗いOKです。

寝具を何であらうか?
以前は、合成洗剤で洗っていました。しかし、合成洗剤の毒性についていくらか知っていたので、「これで本当にいいのか?」と思っている私に岡山のふとんやさんが化学物質を一切使用しない無添剤石けんを紹介してくれました。そこで、さっそく北九州にある石けん工場の見学に行き、社長さんともお会いし、福岡市の学校がもうすでに環境ホルモン等の問題に取り組み、その一端として給食に使用される洗剤を無添剤石けんに変えつつあるとうかがいました。「我が娘の学校給食はどうなんだろう…?」という疑問が、 私の頭にフッとよぎりました。(次回へつづく)

つぶやきのTOPへ