無添剤石けんQ&A

当店でのシャボン玉石けんの販売は、平成24年12月20日にて終了しました。 

Q.石けんの泡立ちのよいものと、悪いものがあるのはなぜですか?

A.油脂の種類で泡立ちに優れているのはヤシ油です。また、水よりお湯の方がよく泡立ちます。汚れがひどい場合も泡立ちが少ないです。運動をした後の体操服のように、ホコリや汗、油汚れのひどい衣類は、水だけで予洗いすると、汚れの大半が落ち、石けんを入れて洗ったときに、とても泡立ちます。

 

Q酸素系の漂白剤は水中の微生物を殺してしまうことはないでしょうか?生態系への影響を教えて下さい。

A.酸素系漂白剤は水に溶解すると過酸化水素(H2O2)と炭酸ソーダ(Na2Co3)に解離し、過酸化水素の中から酸素がでて、漂白効果を表します。酸素は大気中に戻りますので、微生物などに対しての影響はありません。害にはなりませんのでご安心下さい。


 

Qベビー用品に無添剤石けん(シャボン玉石けん)が必要?

A.ベビー用品として多くの商品が出回っていますが、「ベビー用」だから肌にやさしいと思いこんで「ベビーソープ」を買い求める大人もかなりいるようです。実際に産院などでも哺乳瓶を○ル○ンなどの薬液で消毒しているところが多いようです。(また、そのような指導を行っています。)ところがこれらの薬液は、大人でも手を荒らしてしまうほどの強い作用をもっています。 殺菌剤に浸した哺乳瓶や乳首は、赤ちゃんの口に直接入るもの。残留した薬剤が体に及ぼす影響を考えると恐ろしいことです。一番安全なのは無添加の石けんで洗って煮沸洗いを行うことです。

 

無添剤石けんのTOPへ