うそつき大ちゃん

 

 



ゆきこママの部屋のお客様から教えて頂いた本です。
私の住んでいる上郷を流れている家下川が出てきます。

小学生向けの本ですが、私が読んでもとってもおもしろかった。

何がおもしろかったって?
まず、自分の住んでいる場所が出てくるところ。

場面ごとに、これはあそこかな?いやあっちかな?と想像すると楽しかった。
次は、子どもの頃、むちゅうになっておたまじゃくしやどじょうを取っていたことを思い出しました。
・・・出身地は足助町ですが。

次に子どものいろいろな場面の心理がわかりやすく書かれていました。
これは、受け取り方によっては、大人にもおすすめの本です。

「うそつき大ちゃん」・・・阿部 夏丸著(ポプラ社)