育てたように子は育つ

 

 


相田みつをさんの作品は、ほのぼのとした優しさと、温かさに満ちています。

かかれている内容は、ほとんどあたり前と言えばあたり前の事ばかりである。しかし、そのあたり前の事ができていないのが現実。

私が子育てで迷ったり落ち込んだりした時にはこの本がいつのまにか手の中にあります。
「育てたように子は育つ」とはよく言ったものです。

子どもは、自分を映す最高の鏡ですね。
親がイライラしていると子どももイライラ。
そんな時に私の心を癒してくれたり、時には叱ってくれるこの一冊。

私の子どもが成人するころにはこの本はきっとボロボロになっているでしょう。

おすすめの一冊です。   

「育てたように子は育つ」・・・相田みつを書(小学館) 

   相田みつを美術館